このページは
『 音響 』
に関するアーカイブです。

 
 

僕らをより良く「騙す」ために仕組まれた5つの音とは?

Tweet
 
fake_sounds_design
みんなが知らず知らずに聞いている 5つの「嘘の音」

静かな生活がしたい・・・なんて時には思ってしまうほど、誰かの話し声・足音、車や電車の動く音、電化製品のノイズ...日々の生活はあまりに「音」に溢れています。

でも、そのなかのいくつかは「戦略的に」より快適に生活できるようにデザイナーやエンジニアによって人工的に生成されているものがあるそうです。

 

「本日は晴天なり」は英語で言わないと全く意味無し

Tweet
 
mic_check
マイクテストの定番「本日は晴天なり」という言葉は、本来英語で「It’s fine today」と言わなければ意味がない

なぜなら、
「It’s fine today」という言葉の中には、人間が発する声の周波数をほとんど全て含んでいるので

これがキッチリ集音できれば、人が喋るのに異常がないという事が確認できるから

stand alone complex

なぬぅぅぅ

知らなかった・・・さらに驚きの事実が

マイクのテストで使用する言葉だと認識している割には、リアルでは全く聞いた事が無い謎のヴェールに包まれた言葉、「本日は晴天なり~」。(略)

無線局運用規則で「本日は晴天なり」と使用しろ、と定められている程の「正式な無線用語」

らしいんですが、調べてみるとその言葉自体全く意味が無い模様です

(試験電波の発射)
第39条
無線局は、無線機器の試験又は調整のため電波の発射を必要とするときは、(略)

更に一分間聴守を行い、他の無線局から停止の請求がない場合に限り、「VVV」の連続及び自局の呼出符号一回を送信しなければならない。

※(「VVV」は無線用語で「本日は晴天なり」の意)→参照

Sukima Windows Plus: 「本日は晴天なり」って言葉は実は意味無し

なんかいろいろと考え直したほうがいいような気がす・・・

周波数ではなく、発音や発声のすべての要素、が正しいでしょう。

Twitter / Hiroki Haga

うん。そうですね。

Neumann M147 TUBE 真空管コンデンサーマイク
Neumann M147 TUBE 真空管コンデンサーマイク

神が音に託した「指紋」 - クラドニ図形

Tweet
 

神秘的だなぁ・・・

金属板に撒かれた塩や砂が音(声)に反応して描く不思議な模様

物質と音との間には固有振動数というものがあって、特定の周波数で共鳴を起こす。そのときの振動の強弱によって、まるで海に波が起こるようにこのような模様ができるんだそうだ。

これを発見した18~19世紀の物理学者エルンスト・クラドニ(Ernst Chladni) にちなんで「クラドニ図形」と呼ばれている。

自然界の形状の基礎となるフラクタル・パターンがここでも現れているのがとても興味深いんだけど、これってすごく

曼荼羅にそっくりじゃない?

「mp3は大箱では通用しない」のか? をDJ Q'HEYが検証

Tweet
 

ファイルサイズは以下の通り

・WAV : 76.4MB
・mp3 : 17.3MB

(中略)

全く違いがわからないのだ!!

音数の少なくまだキックの入って来ないイントロ部分、キックとベースが入ってファットになった部分、高音がシャキッと入ってきた部分、ブレイクでシュワーっとなってる部分、ブレイク明けの厚い部分と、曲を通してじっくり聴き比べてみた。

何度もじっくり聴いてみた。でも、ちょっとした微妙な違いすら感じる取ることができなかった!

両方とも全く同じに聴こえる!

検証:WAVと320kbps mp3はクラブで聴き分けられるのか!?

声でグラスを割る男

Tweet
 

すげぇ・・・

声でグラスを割るヴォーカル・コーチとして世界中に知られるとこととなったJaime Vendera

ブログパーツ
BACK TO TOP