このエントリーをはてなブックマークに追加
 

「余命51時間だけど質問あるかな?」

Tweet
 
 
Gulfoss
オレゴン州の尊厳死法のおかげで、ようやく火曜日にガンとの闘いが終わります。準備のひとつとして鎮痛剤を切り、残っている限りの自尊心を取り戻そうと思っています。

自分が誰だったかというのは関係ありません。痛みが常にあり、疲弊しきった末に、ようやく一片の尊厳を許されました。質問したい人は何でも聞いてください。

コメント:

僕らにメッセージか教訓を残したいとすれば、それは何だろうか?

本人:

我々が持っている何であれ、人を傷つける価値はないということ。何もかも儚いものだということ。種族も性別も宗教も。

らばQ:大反響となったネットの投稿「余命51時間だけど質問あるかな?」

本人『最後の数時間は「生きる」んだ。これは僕にとっての旅行であり、新しい人々に会うのにもっとも近い方法だ。バカのように聞こえるかもだが、これが僕の世界ツアーなんだ。』コメント『君が世界に行けないので、世界のほうが君に来ることにしよう。』日本を含む世界各国から多くのコメントが寄せられています。リンク元のらばQで翻訳されているのでそちらもご参照ください。

世の中に100%ってなかなか無いけれど、誰にも明らかな、そして誰にも訪れる数少ない共通項「死」

それにも関わらず、特に我が国では数字の「4」さえ避けられるほど「死」がタブーとされ、そのことに関して考え、議論する機会が殆ど無い。昔は道端で野垂れ死にを横目に往来を行き来しただろうし、きっと第二次世界大戦中の日々は死を壮絶に感じずにはいられないものだっただろう。いまや僕らの生活の中で「死の儀式」は白い病院の建物の中で行われ、「食べる」行為は他の生命の死を前提としているにもかかわらず、実感を全く持たないまま毎日パッケージされた食材をスーパーで購入する。よく子供への教育の定番となっているセリフ「〇〇に申し訳ないから全部食べなさい」「残さず食べたら〇〇さん喜ぶよ♥」が象徴的だ。例えば自分がクマに絶命されたときに「どうせ食べられるなら美味しくいただいてください」とか思うだろうか?「一片たりとも食べるな!!!!! > <」となおも絶叫することもあるんじゃないかと思う。薄れ行く意識の中で、もしくは死後に何らかの意志があったとして。

元も子もないが、そんな前提すら片手間な幻想に覆われていることの不具合が必ずどこかで生まれているんじゃないだろうか。たとえば、「残虐なゲームや映画が悪影響」とかドヤ顔で言える人々のこととか。「死ぬ」を感じずに「生きる」ことをリスペクトすることは出来ない。「死」を覗き込む欲望は人間にとって食欲や性欲と同じように当たり前のように存在する欲望で、「生きる」という機能にとって不可欠なものだ。死を隔離しながら生を行えというのは、「空腹」を知らずに「食欲」を感じろと言っているかのように馬鹿馬鹿しい。死や死への恐怖心が人生にとってもっとも重要なファクターのうちの一つということに異論がある人はないだろうにもかかわらず、痛ましい事件・事故が起きる度に責任の所在ばかりを言及して、まず一番初めの「死」の議論をしようと手を挙げるメディアも公的機関もない。ゲームや映画を憂う前に、この「死」が欠落した現状を憂え、頭のいい政治家さんたち。と。そんな人に投票する有権者もだ。みんな全員死ぬんだぞ。わかってんのか?

こうした環境に加えて、補完的な機能を持っていたであろう宗教的なアプローチもなく、精神科に白い目を向ける多くの日本人にとって「死」の現実は視界にない。それに付随する家族の金銭的・肉体的負担に対しても社会全体として現実感が欠けているように感じる。リンク記事出てくる「本人」の世界には患者や家族に多くの負担をかけることへの選択肢として「尊厳死」が成立し、末期ガン患者に癌専門医に加えてメンタルケアの担当医がつくなど、心理面も配慮されている。日本の終末医療の現場も牧師や僧侶(僧医・臨床僧)が徐々に活動されてとはいえ、100%の日本人がいつか向きあう「死」への準備がまだ不十分なのが現状だ。いつ完了するのかわからないミッションではあるだろうけど。(ターミナル・ケアと横文字にする動機自体がおかしい。人間が生命体である以上「死」がその終末なのは全く普通のことで、むしろ「終末」への議論や啓蒙が医療・哲学・社会、すべてのジャンルで遅れまくっていることの象徴だ。)

それは誰にとっても数十年先とは限らない。明日起こることかも知れないんだ。

切符の買い方を知らずに、旅に出る?


絵でみるターミナルケア―人生の最期を生き抜く人へのかぎりない援助
絵でみるターミナルケア―人生の最期を生き抜く人へのかぎりない援助
 
ReTweet ReBlog
 
ReTweet ReBlog
 

コメントをどうぞ

名前 
 
   
  ■ スパム防止のため「http://」はNGワードです。
  ■ リンクを投稿する際は「ttp://~」という形式で投稿してください。

コメント一覧

    • 1. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月08日 23:56
    • 転載元の情報から下いらない。
      無粋。
    • 2. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月09日 05:57
    • ※1
      うん
      なんか元のニュースを変な方にねじ曲げちゃった感じ
    • 3. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 03:09
    • 首吊れば良かったんじゃね?
      世の全てが儚くどうでも良い事なら
      自殺して後からどうこう言われても構わんだろ?
    • 4. あ
    • 2011年03月10日 03:24
    • ロスタイムライフを思い出すな
    • 5. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 03:24
    • ただ説教たれてえばりたいが為に人の死を利用する馬鹿。
    • 6. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 03:29
    • 下の語りも別にいいけど、元のたくさん出してよ
    • 7. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 03:46
    • ※3
    • 8. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 04:30
    • そう?読ませる文章だと思うけどな
      無粋だの馬鹿だのの一言で済ます奴よりはよほど好感が持てるよ
    • 9. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 04:45
    • すごいものをよんでしまった

      いったん自分の人生考え直してみます
    • 10. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 05:03
    • 言いたいことは分からんでもないが、文章をかっこよくしようとしすぎて本題が分かりにくくなってない?
    • 11. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 05:04
    • ※8
      君もなんかずれてるよね
      読ませる文章とか何言ってんだって感じ
      そんな事は誰も問題にしてないよ
    • 12. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 05:59
    • 別に日本で死がタブー視されてると思わんけどね
      日本では高齢医療で人間の尊厳も無いまま延命されている事が問題
      人としてまともに考える事もできないのに、
      一日中病院で暮らす日々、口から食事ををとれないからいから直接栄養を取り入れる日々
      こんな状態じゃあ生きているんじゃ無くて、無理矢理生かされてるだけ
      死をもっと社会が受け入れる体制を作る事が大事だよね
    • 13. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 07:56
    • 元記事はいろいろ考えさせられたけど、それ以降は中学生の読書感想文レベル
    • 14. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 08:57
    • 怖がりが多いな。
    • 15. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 09:33
    • 首吊りが一番苦しくないよ
      失敗しなければ
    • 16. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 10:20
    • 「我々が持っている何であれ、人を傷つける価値はないということ。何もかも儚いものだということ。種族も性別も宗教も。」って言ってるそばから「特に我が国は云々」って続けるから締りが悪いんだなこれはきっと。 明らかに本人の元のメッセージを誤解してるか、もしくは早とちりしてるか。としか言えないわ、申し訳ないけど。
    • 17. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 10:28
    • コメントがあんまりにひどいね^^なんなの…

      世の中が儚いものであることと、どうでも良いことであることとは別だろう。
      彼が自らの尊厳を保つために死を選んだってことから目をそらすなよ。
      たとえこれが中学生の読書感想文に見えて、それが稚拙であろうと、ひとつの意見として存在することは間違いない、嘘ではない、
      首吊りが苦しいかどうかじゃないし、これを自殺と一蹴するのもひどく短絡的だと思う。これを単なる自殺とまとめて、自分の思考能力に余ることを片づけてしまおうとするのは幼稚に過ぎやしないか。
      あとそこいらで自殺されたら死体の『処理』や周りからの視線に対する『処理』に困るじゃないか。尊厳を求めて死を選ぶなら、自分が死体というモノとして『処理』されることはいちばん尊厳を損なうことなんでないの?それでもどうでも良いと思って死ぬと思うの?
      死を『忌む』べきものとして扱うのは日本の性質であると確かに思う。神道然り、お葬式の後の清め塩然り。死を切り離したがる。伝統という部分でどうしてもそういう認識はつきまとうけど、現代のは過剰だ。死を恐れること自体は生物として普通でも、人間は精神的にそれを克服、とはちがうけど、受け入れることは不可能じゃないはずなのに。
      死を前に、こうやってごく穏やかにメッセージを残してくれたひとがいて、それについて思考をはたらかせることはわるいこととは思わない。下らない文章だと感じても、拒絶することは賢明ではない。
      彼の文章が『処理』以上の反響を生んでいる。そのひとつ。たくさんの点的思考が既に存在していても、それらがこうして文になるとやはりハッとさせられる。
    • 18. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 10:40
    • >17
      多分見たくない物を見せられて怖がってるんだろう。夏休みの終わりに宿題の話が無粋に思えるのと同じwww

      新学期が始まるのは明白なのにね。
      みんな死ぬのにね。
    • 19. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 10:46
    • >17
      3,15を除いて、誰もオリジナルの文章に対してコメントしてない。死生観は万人が自分の望むように持つべきであり、そこに尊厳がたもたれるべきならば、極論的には自殺もひとつの死であることに違いは無い、と言わないまでも少なくとも、それを誰かに違うと押し付けられたくないと思うのも又、人の情では?
    • 20. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 10:56
    • 12、17、19以外、死から目を背けてる件。議題は「死」だろ。
    • 21. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 10:56
    • ※3・15
      だから尊厳死法を利用しようとしてるんでしょ
    • 22. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 11:05
    • >19
      別に押し付けてはいないんじゃないか?それぞれが自分の意見を言ったり人の意見を聞いたりすればいいだけであって、日本はお互いの意見を尊重しないから死に限らず議論が生まれにくいよね。政治家もまともに議論してないしね。

      俺は死んだら何もなくなると思う。死後があるとか思うから、死を軽率に選んだりするんだよ。自殺大国日本は。
    • 23.
    • 2011年03月10日 11:29
    • 切符を買わずに歩いていくよ
    • 24. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 13:36
    • あれっ?  米欄にフリーザさまがいない
    • 25.  
    • 2011年03月10日 13:51
    • 誰かと一緒に行きたい所だけど、多分一人で行くことになるんだよなぁ
    • 26. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 16:33
    • ジグソウとゲームをしてからでいいよ
    • 27. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 17:06


    • 他人を死をダシにして自分の意見をごり押しするなよ、偽善者の管理人、お前は自分の意見を言いたいためだけに尊厳死を選んだ彼を傷つけてる

    • 28. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月10日 20:00
    • こういう話題になると痛い奴が一杯釣れるから性質が悪い
    • 29. ヾ(´▽`)ノ
    • 2011年03月11日 03:31
    • 管理人は「死について考えたり議論する機会が少なすぎる」って言ってるだけでゴリ押しするような意見は言ってない気がするんだがな・・・まぁ、死が怖い奴ほど後悔の多い人生を送ってきたってことだな。合掌。
ReTweet ReBlog
 
ブログパーツ
BACK TO TOP