このエントリーをはてなブックマークに追加
 

エジプトへの序曲? MIAUが「アクセスコントロール回避規制」に緊急声明

Tweet
 
 


下記は2006年、アメリカの事例だけど、これがいま起こっている

DMCAよりも恐ろしい著作権法案と戦え

この法案が提出されて以来、セキュリティ研究者や技術研究者が指摘しているように、もし昨年の時点でこの法律が制定されていれば、SONY BMGのrootkitをめぐるデジタル権利管理(DRM)絡みの大騒動の際に、同社は法の下で完全に保護されていたはずだ。そしてSONY BMGはおそらく、このDRM rootkitを発見し、その削除でユーザーを支援した研究者らやアンチウイルスベンダーに対し、

著作権保護手段の違法な迂回だとして、刑事罰(民事ではなく)を求めることもできたかもしれない。

ITmedia News:DMCAよりも恐ろしい著作権法案と戦え

インターネットの登場で「誰でも情報にアクセスできる」時代が訪れた。それは施政者にとっては大きな脅威となる場合があって、混迷が続くエジプトの「ネット完全遮断」がいいタイミングにわかりやすい事例。アップルがiPhoneで流通されるアプリ審査を厳格にすることで、彼らが考えるコンテンツにおいての理想郷をいとも簡単に実現できたように

「国」という大きなハードウェアにとって

ソフト(僕ら)の「情報・仕様」(力)をコントロール(制限)するには、

「ハードウェアをおさえるのが最重要」と考えられていても全く不思議ではない。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 「2015年 日本は国民総背番号制へ」

1月25日に行われた文化審議会著作権分科会の報告書の中で、この「アクセスコントロール回避規制」への流れが生まれたことに対しMIAUが緊急声明をアップしました。

1. ユーザーが正規に入手したコンテンツを継承できなくなります。

(中略) 例えば映像技術が進化し、DVDプレーヤーやBlu-rayプレーヤーが生産されなくなった場合、ユーザーはDVD、Blu-rayに収録されたコンテンツを見る術を失います。また将来、ダビング10に対応したプレーヤー・レコーダーが供給されなくなった場合、ユーザーは正規に録画したコンテンツを見る術を失い、コンテンツを将来に継承できなくなります。

2. オープンソースソフトウェアを用いてのコンテンツへのアクセスが不可能になります。

(中略) アクセスコントロール回避規制がなされると、オープンソースソフトウェアを用いてDVDなどのコンテンツにアクセスすることができなくなります。(補足: PCのフリーソフト消滅)

3. アクセスコントロール技術の正当性が検証できなくなります。

過去にアクセスコントロールのために使用された「Rootkit」や「コピーコントロールCD」のような技術は、ユーザーのコンピュータやCDプレーヤーを誤作動させ、セキュリティホールやハードウェアの故障の原因となりました。このような問題はユーザーの手によって検証され、インターネットを通じてその問題が知らしめられたという経緯があります。(中略)

4. 侵害コンテンツの流通防止は、アクセスコントロールでなくアップロードコントロールにてなされるべきです。

問題とされた「マジコン」のようなアクセスコントロール回避機器の頒布に関しては不正競争防止法、侵害コンテンツのアップロードに関しては著作権法における公衆送信化権で、すでに十分対応できるはずです。現在問題とされているのは侵害コンテンツの流通であって、ユーザによるアクセス行為でもなければ、ユーザの家庭内におけるコピー行為でもありません。(中略)流出した後の対策を練るより、あくまで流通を阻止することに重点をおくべきです。(中略)

5. ハードウェアやプラットフォームの保護につながる規定は公正な市場競争を阻害します。

(中略)伝統的な保護の範囲を大きく逸脱し、特定のハードウェアやプラットフォームの法律による保護を意味します。特定の産業基盤を硬直的な仕組みで保護することは、市場競争を抑制し我が国の国際競争力を押し下げることへとつながり(中略)

MIAU : アクセスコントロール回避規制導入についての緊急声明

「DVDを合法的に購入するかぎり、どのような機器を使って再生してもよく、特定の機器を購入するよう強制されることはないということだ」

当たり前だろと思われるかもしれないが、DMCA(補足: アメリカの同様の法律)の下では当たり前ではない。(中略)

極端なことを言ってしまうと、アクセスコントロールによって我々がコンテンツにどのようにアクセスするか、つまり

どのように楽しむのかをあらかじめ定められ、それ以外の方法は認めないということもできてしまう。

認められていないデバイスでは、コンテンツを楽しむことはできない、そういうことになる。(中略)さらに、サポートの無くなったメディアをどうするか、という問題もある。たとえば、私の好きなセガサターンはどうだろうか。既にこれをサポートする現行ゲーム機はない。では、何かしらの工夫を凝らして別のデバイスでプレイできるようにすることはあってはならないことなのだろうか。

マジコン規制ではすまないアクセスコントロール回避規制 - P2Pとかその辺のお話@はてな


言論統制―情報官・鈴木庫三と教育の国防国家 (中公新書)
言論統制―情報官・鈴木庫三と教育の国防国家 (中公新書)
 
ReTweet ReBlog
 
ReTweet ReBlog
 

コメントをどうぞ

名前 
 
   
  ■ スパム防止のため「http://」はNGワードです。
  ■ リンクを投稿する際は「ttp://~」という形式で投稿してください。
ReTweet ReBlog
 
ブログパーツ
BACK TO TOP