カテゴリー:
|
コメントを書く
#
 

まねきTV敗訴 ケーブルTVもマンション共同受信も「Google テレビ」も違法に?

Tweet
 
 

最高裁の裁判官は、たぶんほとんどの企業のサーバが「まねきTV型」だということを知らないんだろう。

ウェブホスティング業者は、配線どころかアプリの管理まですべてやってるので、明らかに自動公衆送信の「主体」だから、検索エンジンのように海外に逃げないと危ない。

Twitter / 池田信夫

■ 自分で自分のテレビの番組を見るのが「公衆送信」?

テレビ番組をネット配信するサービス「まねきTV」が著作権を侵害しているとして、NHKと在京民放5社の起こしていた訴訟について最高裁は18日、著作権侵害にはあたらないとした一審、二審の判決を破棄し、審理を知財高裁に差し戻す判決を下した。(中略)

これは利用者の所有する市販の機材に置き場所を貸しているだけという解釈だったが、これも違法ということになると、テレビ局以外の業者が放送を配信・録画するサービスは違法になる。

この基準を適用するとケーブルテレビも違法であり、マンションなどの共同受信施設も違法となるおそれが強い。

■ NHKの松本新会長は「まねきTV」訴訟を取り下げよ

他方、今年の家電ショーのCESでは「スマートTV」が話題だった。(中略)その代表が「Google TV」である。

アメリカではABC、NBC、FOXが共同で、すべてのテレビ番組をインターネットで見られる「hulu.com」というウェブサイトをつくった。 BBCのiPlayerを初めとして世界のテレビ局がネット配信を開始し、ケーブルテレビの主力もサーバに番組を蓄積して視聴者が好きなときに見られるオンデマンド配信だ。これからテレビとネットの境界はなくなり、すべてのコンテンツがウェブサイトと同じようにいつでも見られるようになるだろう。

しかし今回の最高裁判決によって、日本でスマートTVのサービスをテレビ局以外の企業がやることは不可能になった。

テレビ局のオンデマンド配信も「NHKオンデマンド」は月間40万アクセスと、私のブログにも劣る。民放に至っては番組のネット配信はほとんどやっていない。(中略)

世界のテレビの主流はもはや地上波ではなくネット配信だが、日本のインターネット放送は、テレビ局が「公衆再送信」を許さないためにビジネスとして成り立たない。テレビ局のネット事業も厳重な「著作権保護」で自縄自縛になり、採算が取れない。

古いものを守るために新しいものをつぶし、結果としてどちらも失う愚かな工作をテレビ業界はいつまで続けるのだろうか。

スマートTVは日本では生まれない

これはいくらなんでも射程が広すぎるのではと思います。

ハウジングサービスを経由して著作物を視聴すると全部著作権侵害になってしまうような気がします。(中略)

米国では、TV番組の映像をネット経由で遠隔地に飛ばしてパソコン等で視聴するための製品としてSlingBoxという製品が一般的になっています(日本で言うSONYのロケフリに相当する製品です)。エミー賞も受賞しておりアングラ的な製品ではありません(これはロケフリも同様)。(中略)

クラウドと言うバズワードを持ち出すまでもなく、1)自分で装置を所有するのではなく他人が所有・管理する装置を利用する、2)ひとつのネットサービス(さらには1台の物理的装置を)多くのユーザーが共用する、3)ネットサービスではデータだけではなく著作物(コンテンツ)も扱う、というのは今後ますます加速していく動向です。そういう点では「まねきTV」も「ロクラク」も全然特別なシステムではないのですが、その辺を裁判官は理解された上で結論を出しているのかが気になるところです。(中略)

米国では地上波放送についてはある程度勝手に使われても許容せよ(公共の電波を使っているのだから)という意識があるように思えます。

「まねきTV」、「ロクラク」に話を戻すと、TVコンテンツを利用したサービスに対して、TV局側の人は「自分たちが作ったコンテンツなんだから自分がコントロールできるのは当たり前」という感想を抱くかもしれませんが、「自分たちが作った」の前に「国民の共用財産たる電波を使わせてもらうという前提で」というフレーズが抜けているのではないかと思います。(中略)

米国における「まねきTV」的サービスについて | TechVisor Blog
  • 米国における「まねきTV」的サービスについて(続き) | TechVisor Blog

  • いまはもう、誰でも安価に魅力的なコンテンツを作れる時代だから

    自分で作った、自分で著作権を保持したものをオンラインで配信することができる。なので、今回の判決はテレビ局を延命させるというよりも、逆に首を締めることになるとしか思えない。

    結果、世界でいち早く日本人に気付きを与えて、コンテンツ大国にすることになってくれるといいけど・・・その時「いまの若者は自動車/バイクを買わない」「車検も駐車場も駐禁もきつくてムリ」っていまなっているように

    「今の若者はテレビを買わない」

    って彼らが青くなるのがそう遠くない未来に思える。

    「テレビ政治」の内幕
    「テレビ政治」の内幕
     
    ReTweet ReBlog
     
    ReTweet ReBlog
     

    コメントをどうぞ

    名前 
     
       
      ■ スパム防止のため「http://」はNGワードです。
      ■ リンクを投稿する際は「ttp://~」という形式で投稿してください。
    ReTweet ReBlog
     
    ブログパーツ
    BACK TO TOP