このエントリーをはてなブックマークに追加
 

杏野はるなのお宝満載。厳選したのに画像が200枚超え。

Tweet
 
 
00
そこはすでに博物館状態。

01_s12/5(日)に開催する「300人でレトロゲーム飲み会」で、レトロゲームといえばこの人、杏野はるなさんに司会をお願いするべく株式会社 エッグコア(東京図鑑) に遊びに行って来ました。

その知識はすでにアイドルの域を超え、当時業界に携わった人たちも舌を巻くという

彼女に是非、当日予定しているクイズ企画の問題を考えてもらいたい。

正解者には豪華プレゼントもモニャモニャ・・・

01a
1,500万円相当のレトロゲームグッズが大集合のエッグコアはまさに博物館。一緒に行ったVIPPERな俺のユングも、小太郎ぶろぐの小太郎も

「一生ここに居れる」

と絶賛。いや、だめです。それは怒られます。

一歩足を踏み入れると出迎えてくれるのが「CR魔法のプリンセスミンキーモモ (2004年)」。

  •  

パチンコ機も違った場所でみると、ファンタジックで綺麗だなぁ。右の写真は、普段みんなはあまり見れない起動画面。モモの表情がw 店員しか見ない画面なのにこの作り込み。匠の愛を感じます。

遊びに来てくれた人が自由に読める本棚には大量の「コロコロコミック」が。

  •  

発行年をみると「1984年」・・・なに時代だ?w
コロコロでレトロゲームといえば忘れちゃならないのが

  •  

「ゲームセンターあらし」

・・・なんだけど、右の写真のはなんだ??「ファミコン CAP」「ファミ魂 ウルフ」??ウルフのほうはなんか観たことある気がする。気になる。

おぉっ これは?!


図書館で見たやつだ・・・江戸川乱歩、怖かったなぁ・・・
懐かしすぎる。

あまりに夢中になってすっかり忘れてしまっていたが、このストライクなチョイス、杏野さん只者ではないな・・・

ゲームウォッチ編



いきなり超お宝出現


ダーン!

先日の配信でもお披露目されました、日本未発売のクリスタルスクリーン仕様のゲームウォッチ。普通にマリオが出来ます。いまでは10万円ぐらいするらしい。


こちらははじめて見ました。クレイジー・クライマーの原型になったゲームCLIMBER」。

造形が素晴らしすぎ。

  •  

他にもドンドン紹介していきます。

  •  

こちらはソーラー駆動のLCDゲーム「秘境アマゾン (左写真)」「恐怖の無人島 (右写真)」。カラーリングもゲームのテーマもソーラーだけに大自然系にしてあったのか・・・今気づいた。それだけ当時はソーラー発電が衝撃的だったんだろうな。


こちらは個人的に超懐かしい・・・

持ってたよ、俺。

パックマンパチもんだが、売れ過ぎて定番になったしまった「パクパクマン」。80年代、ザックリだなーしかしw

んでこちらも持ってました左写真が

  •  

「モンスターパニック」

コレは名作だった。小さい液晶の世界を十分に使ってあたかも中にモンスターの世界が広がってると錯覚させるほどの出来栄え。だがしかし、右のはなんだ??モンスターパニックそのままキャラクターを変えた

フクちゃんのおばけなんかこわくない

モンスターの世界が崩壊する音が聞こえます。激レア。


ガンダムとかもあったねーw いま見ると造形が素晴らしすぎ。

  •  

これにはビビった。

桂正和の名作「ウイングマン」のLCDゲーム。知らんかった・・・密かに完璧にチェイングできた俺としてはめっちゃ欲しい。

この辺のゲームや、あとで紹介するLSIゲームとかはファミコンにはない「造形美」があってめっちゃ萌える。鼻の奥であの電子回路の匂いがリブートしてくるよ・・・

ファミコン編



杏野はるなといえばファミコンは切っても切れない関係ですが、そのお宝たちもスゴイ。

  •  

カセットも大量に並んでおります。右の写真のメガネっぽいサインは逮捕直前のマーシーのものらしい。

のっけからワクワクするな


こちらも激レア。

ファミコンディスクシステムのソフト、「ファミコングランプリF1レース」のキャンペーンの賞品としてつくられた非売品のグッズ。


左のほうがゲームウォッチ「スーパーマリオブラザーズ」。先程のクリスタルスクリーンと同じゲームが入ってるらしい。右は文具セット。「ディスくん」のケースに入ってるってのがいいなw


  •  

こちらは任天堂会員向けサービス「クラブニンテンドー」でプレゼントされた「ファミコンミニ ディスクシステムセレクション」のコレクションボックス。パッケージがカワイイ。

  •  

み、見よ・・・この大量のPCエンジン

このゲームを端から端までずらっと遊べたなら・・・

とか子供の頃に夢想した「お菓子の家」状態で、もういろいろうらやましすぎる。

んでこちらが


  •  

杏野さん直筆の攻略本。

たしかにあの頃はノートと鉛筆は欠かせないツールだったけど、パソコンの時代になにもあなたがそこまでするこたないでしょwwって表紙が!?

コロコロ少年団パスポート

なるほどw 修正ペンで書いて作ったそうなんだけど、もしや杏野さん俺とタメ年じゃないですか?

LSIゲーム編



さて、続いては

俺、お待ちかね LSIゲーム。

80年代デザイン、LSIゲームの美しさがたまらない今日この頃ですが、最初に紹介するのは


ディグダグ

こちらは開閉式のカバーが素敵過ぎるので動画で紹介。



う〜たまらんすなぁ LSIは電源が入ったときのモニターの美しさがまた素晴らしいのですが

「見たければ買え、俺。」

と自制しました。貴重な品ですから。続いては

名作、トミーの「パックマン」


見よ、この無駄の多い斬新なデザイン

素晴らしい。これを持った時から異世界が始まりそう。



ちゃんと独占契約をナムコと結んでます。・・・んじゃさっきの「パクパクマ・・・・ん?誰か来たようだな。


難易度設定が「AMA」「PRO」っていうのも渋すぎるww

んでこちらが2P可能なLSIゲーム

「エイリアンチェイス」


  •  

パッケージの右上にあるぶっきらぼうな「異星人」がワロスww

下の写真は左が1P、右が2Pです。こんな近距離で向かい合ったら、そりゃ仲良くなるわな。パッケージのデザインもトロン風でカッコイイ。

・・・そういや、向かいあわせの遊びってのが少なくなったね。

続いては、ゴシック好きにはたまらない、エッグコアの小林さん大推奨

「ドラキュラハウス」

  •  

こちらのデザインも先程の「パックマン」と負けじと劣らず素晴らしい意匠

ドラキュラに憧れて、近所の家を「ピンポーン」しては口に含んだトマトジュースを口からダダ漏れさせて颯爽と去っていった小学校時代の思い出が・・・おばさん、ゴメンよ。

そことなく棺桶(未来風)を思わせるデザインがワクワクするな。

  •  

これは電源入ってました
+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

スーパーギャラクシアン」。うおぅぅぅ キレイじゃのうぅぅ ずっと見てられるよ・・・

ん?そういや小太郎どこいったのだ??

イタ。


ゲームセンターかよwww また何もかも忘れて小林さんとゲームしております。ゲーム系ブロガーのサガですなw

魔法少女シリーズ



  •  

魔法のプリンセスミンキーモモ」「魔法の天使クリィミーマミ」「魔法の妖精ペルシャ」などの魔法少女グッズがドエライ数ありました。塗り絵1冊だけでもかなりの高値らしく、かなり貴重な品々とのことですが・・・わからん。オトコのコですもの。

レーザーディスク編




レーザーディスクってもう存在自体知らないひとも多いのではないかと思うのですが、CDが出た頃に「絵の出るレコード」として発売されていたメディア。カタログ見てワクワクしたなぁ・・・昔。

っていうシロモノなのですが

杏野さんは映画を見るときには必ずLDで見るそうです。なんで?と聞いたら

「ジャケが大きくてカッコイイから。」

いいねぇwwwww そのシンプルな欲望。そらそうだ。インパクトが違うもんな。おすすめのジャケットを挙げてもらいました。

  •  

左上は「時計仕掛けのオレンジ」。うんうん、それはカッコイイよね。っと思っていたら次が(右上)「死霊のはらわた 2

あ、は、はは・・・うん。

美女とのギャップが素敵・・・かな?うん。んでつぎは? (左下)・・・「ローズマリーの赤ちゃん」。
いやね、それはむしろ

俺のオカン世代ですから。

渋い、渋すぎるよ杏野はるなwwwww

最後は(右下)「ミザリー」「遊星からの物体X」。これもかなり癖ありの映画なのだが、これまでがこれまでなのでとてもポップに見えます。

まだまだ続くよ

テレホンカード編



テレホンカードのコレクションも半端ないらしいのですが

なぜにいま、テレホンカード??


おぉ・・・たしかに納得。

カッコイイなドラクエのテレカ。


コロコロ」のと「おぼっちゃまくん」のやつは相当なレアカードらしい。たしかに、ただならぬオーラを放ってますな。ほかにもレトロゲーム、マンガ、アイドル、映画とものすごい量があるのですが、どどっと並べていくので思い出を辿ってみてください。「アキラ」のホログラムがカッコイイ

  •  


メモリーズ」のセットですか・・・いいなぁ。この映画は泣いた

駄菓子屋編



こちらは杏野さんが所属する株式会社 エッグコアの小林さんのコレクション。


こんな感じの箱が何箱もあるらしい。

この事務所、何屋!?wwww


これはキン肉マンカードなんだけど、何故かモンゴルマンに特化したカード集。

特化しすぎではないかい?


うおっ これなんか覚えてるぞww


「インベーダーゲーム」とありますが

中身を見る限り、どこがインベーダーなのかわかりません

  •  

LSIゲームカード。カセット方式じゃなかったから、ゲームを欲しくてもなかなか買えない子供がワンサカいた時代。その潜在ニーズをさらうべく開発された大人のエゲツナイ罠です。箱もどことなく切ない。

だがそこがいい。


造形がひどすぎるキャプテン翼。


ビックリマンシールではなく

「ビックリシール」

間違えて買うと死者が出ます。


有毒成分ミニカード」。カラパイアのパルモさんが見たら泣いて喜びそうだな

iPhoneアプリ、携帯アプリ編



小林さんのご紹介で「1UP GAMES」の関社長とご対面。レトロゲームテイストの携帯やiPhoneアプリを開発しているそうなのですが、おもむろに

「携帯で3Dゲームつくりました。」

なん・・・だと・・・

今話題の3Dとあっちゃ、俺も黙ってられない。それはスゴイ予感

  •  

ん・・・あ?

あの毎秒60回開閉するシャッターメガネにしては軽そうですね。紙製ですか。そうですか。って

赤青メガネじゃん、しかも飛び出とるわwwww

レトロゲームテイストなiPhoneアプリもだしてるそうなのですが、そのこだわりが半端ない。揺らすとバグるので、カセット抜いてフーフーします。



杏野さんの携帯アプリ「杏野はるなのときめきブラックジャック」も出してるそうです。







ふぅ・・・

あ、いや、いまのはね、どこぞの掲示板で使われるそういう意味でなく、いや、あのものすごいお宝の山。でしたね。VIPPERな俺のユングも、小太郎ぶろぐの小太郎も盛り上がりまくって予定時間をはるかに超えてお邪魔してしまいました。

いつかはみんなが楽しめるような博物館をリアルに作って欲しい。

これだけ楽しめる場所なら、普通にできそうだよ。チョイス眼も知識量も素晴らしい。そんな杏野はるなさんが本を出されたそうです。題して

「杏野はるなのレトロゲーム読本」



彼女から直接話しを聞きたい人は、12/5 (日)に開催される

「300人でレトロゲーム飲み会」 : 8bitream

に是非っ

■ 日程 : 12/5 (日)

■ 開始時間 : 15時開場 / 15時30分開宴
■ 終了時間 : 20時頃までを予定

■ 場所 : 渋谷 club axxcis (東京都渋谷区渋谷3-26-25)

access:JR埼京線渋谷駅 新南口下車徒歩3分
[JR埼京線]新南口下車2分 [半蔵門線]9番出口下車
[JR山手線/東急東横線/京王井の頭線/銀座線]東口下車7分


■ 入場料 : 3,000円 (当日エントランスで受付します)
※ 入場に免許証、パスポートなどのIDが必須です。
※ 入場に免許証、パスポートなどのIDが必須です。
大事なことなので二回言いました

■ 当日の注意 : 開場の最大入場者数は300人ほどですが、来場者多数の場合は入場制限がかかる場合があります。確実なご参加のために、早めのご来場をよろしくお願い致します。

■ ハッシュタグ : #8bitream

■ 内容 :
・来場者歓談 (飲み会なのでw)
・お宝グッズ
・レトロゲーム系人気動画鑑賞会
・ウルトラクイズ
・ゲストライブ (SEXY-SYNTHESIZER / Plugnet)
その他いろいろ

■ 参加メンバー : (アイウエオ順)
杏野はるな / スーパーポテト 北林 / 小太郎ぶろぐ / エッグコア(東京図鑑) 小林 / Tokyo Game Night !! matsujun / DDN coodoo / Plugnet (LIVE!) / SEXY-SYNTHESIZER (LIVE!) / VIPPERな俺 ユング / & サポーター: アルファルファモザイク
その他続々。


・レトロゲームが好きな人
・レトロゲームを肴に飲みたい人
・レトロゲームの話を聞きたいしたい人
・過去にレトロゲームに関わっていた人
・むしろ今でもレトロゲームに関わっている人
・こないだの配信に参加したひと (予定が空いていれば)

■ 前回の配信で集まった飲み友たち(敬称略)
スーパーポテト 北林 http://www.superpotato.com/
三才ブックス 編集部長 及川 http://www.sansaibooks.co.jp/
Mars16 代表 北山 http://www.mars16.com/
エッグコア(東京図鑑) 小林 http://www.tokyozukan.jp/
Tokyo Game Night !! 宮尾 http://tgn.himitsukichi.com/
Tokyo Game Night !! matsujun http://tgn.himitsukichi.com/
スティッカム 鶴見 http://www.stickam.jp/
Blogs.com 編集長 上野 http://jp.blogs.com/
アキバ経済新聞 北川 http://akiba.keizai.biz/
381 http://twitter.com/#!/381
ドットデザイナー ta2nb http://ta2nb.main.jp/
オレ的ゲーム速報@刃 http://jin115.com/
小太郎ぶろぐ 小太郎 http://www.kotaro269.com/
DDN coodoo http://japan.digitaldj-network.com/


  •  
 
ReTweet ReBlog
 
ReTweet ReBlog
 

コメントをどうぞ

名前 
 
   
  ■ スパム防止のため「http://」はNGワードです。
  ■ リンクを投稿する際は「ttp://~」という形式で投稿してください。

コメント一覧

    • 1. ヾ(´▽`)ノ
    • 2010年11月27日 02:59
    • ほしぃ・・
    • 2. ヾ(´▽`)ノ
    • 2010年11月27日 09:33
    • クソゲーのDVDもっかい
      変な芸人なぞと絡まないで
      この人とマネだけ出演で出してほしい
    • 3. ヾ(´▽`)ノ
    • 2010年11月27日 09:37
    • これ事務所の写真じゃん
      なにしれっと個人所有みたいに書いてんだか…
      杏野自身はゲーム愛なんて無かった事は皆知ってるし
      スタンガン好きの社長のネタかと思うとうんざりする
      レトロゲームを商売にしている奴らって怪しい奴が多すぎる
    • 4. ヾ(´▽`)ノ
    • 2010年11月27日 11:28
    • ※ 3 よく見れヴァホ
      事務所って書いてるだろが。キモイんだよオマエ
    • 5. ヾ(´▽`)ノ
    • 2010年11月27日 11:33
    • >4

      まぁまぁ

      レトロゲームファンにこういうノイローゼがたまにいるのはみんな知ってる常識なので。
    • 6. ヾ(´▽`)ノ
    • 2010年11月27日 11:40
    • たぶんうらやましんだろ。そっとしといてやれよ。
    • 7. あ
    • 2010年11月27日 16:46
    • 米2
      超クソゲーのこと?
      あれでスピードワゴン嫌いになった。
      あいつらやる気なさすぎ。
    • 8. 1
    • 2010年11月27日 16:49
    • 久々に見たけど綺麗なお姉さんになっててわらたw
ReTweet ReBlog
 
ブログパーツ
BACK TO TOP