カテゴリー:
|
10件のコメント
#
 

150人の臨死体験者に聞いた死の一秒前に起こること

Tweet
 
 

01. 自分の死の宣告が聞こえる
02. これまで経験したことがないような穏やかで愉快な感覚に包まれる
03. 不思議な声が聞こえる。中には美しいメロディーという人も
04. 突然暗いトンネルの中に引っ張られる
05. 魂が肉体から離脱し. 外部から自分の身体を観察する
06. 懸命に自らの苦境を他人に訴えるが. 誰にも聞こえない
07. 時間の感覚がなくなる

08. 視覚や聴覚が非常に敏感になる
09. 強烈な孤独感に襲われる
10. 周囲に様々な“人”が現れる
11. 「光の存在」と出会う
12. 自分の一生が走馬灯のように映し出される
13. 先に進むことを遮られる
14. 蘇生する

臨死体験者150人による、「死の1秒前」の全容が明らかに:カラパイア

臨死体験の研究で知られるアメリカの心理学者レイモンド・ムーディ(Raymond Moody)によるもの。

死の直前には自分の一生に対する評価が下される。その判定基準はどれだけ出世したかや金儲けできたかではなく、「一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを他人と共有できたか」になるという。

死の直前に評価が下されるっていうのは天国と地獄の2極な世界観をもつキリスト教らしいけど、愛やぬくもりってのは確かにそんな気もする。心の余裕っていうか、ね。

芥川の「蜘蛛の糸」にも極楽と地獄の構図が出てくるけど、僕はあの物語が昔からきらーい。

あれ、すっかりカンダタのエゴのせいになってるけど、もしカンダタがやさしい気持ちになって「おっ、みんなもおいでよ!」ってなっていたと思う?地獄のやつらが極楽に大挙して、釈迦自身が構築した「極楽と地獄」っていう世界の根底が崩壊していたはずだ。そして、そんな結果ははじめから予想できていただろうに、上っ面で自己満なやさしさをちょっとばかし出したばっかりにちょーやばい状況になりかけて、『糸ぶちーっ』

・・・カンダタはさらに大きな絶望を味わうことになる。

釈迦「悲しそうな顔をして蓮池から立ち去った。」

ほわ~っ むかつくわぁ こいつぅ

そんなこんなでどうしても納得がいかないときがあって(面倒くさいやっちゃなw)以前著名なお寺に思わず凸電・・・

「いや、俺マジ信じられんっすよ。釈迦っていう一時代を築いたカリスマがそんな世界観構築するってありえんすよ」

そしたらちゃんと調べてかけ直してくれて感動(&スマソ)。

「釈迦が生きていた初期仏教では天国と地獄の概念は存在しなかった」ってさ。大乗以降のものって言ってたっけか。

臨死体験〈上〉 (文春文庫)
臨死体験〈上〉 (文春文庫)

コメントをどうぞ

名前 
 
   
  ■ スパム防止のため「http://」はNGワードです。
  ■ リンクを投稿する際は「ttp://~」という形式で投稿してください。
ReTweet ReBlog
 

コメント一覧

    • 1.  
    • 2010年03月02日 14:24
    • きらーい
      ちょー
      ほわ~っ

      馬鹿すぎるぞお前
    • 2. ぎー
    • 2010年03月02日 15:06
    • 臨死って事は「死んでいない」って事
      だから、いくらデータとっても無駄
    • 3. 奇跡の通りすがり
    • 2010年03月02日 16:11
    • 「構築」されたのは「キリスト」や「釈迦」ではなく、
      「キリスト教」や「仏教」ですからね。

      人の都合というものが入り込んでますしw

    • 4.
    • 2010年03月02日 17:59
    • 文章が気持ち悪くて、僕はこの記事がきらーい
    • 5. 匿名
    • 2010年03月02日 18:10
    • 読みやすく親しみやすい文面わたしは好きです。
      宗教は結局ひとが考えたもの、けれどひとにとっては死に際まで意識するものなんだなと思いました。宗教もひとのつくりだしたぬくもりの一つなのかもしれないですね。良い悪いはありますが。
      面白いエントリありがとうございました。
    • 6. あ
    • 2010年03月02日 20:20
    • ネタ元はカラパか・・・未見のエントリなんで良かった。
      “蜘蛛の糸”は伊集院の深夜放送に秀逸なパロディネタがありましたねぇ。
      主人公が無事に糸を登り終えたはいいものの、上でデカいタランチュラが
      待ち構えてて、その後に登ってくる人全部を食いつくそうと狙ってるという展開…
    • 7.  
    • 2010年03月03日 13:17
    • 未だにこんなの信じてる人がいるのか。
      上記した臨死体験は、脳にある刺激を与えることでいつでも再現できることが判明している。
      そもそも2の言っている通り、死に臨んだからといって、死を体験したわけではない。
      生き延びた体験であって、死には少しも触れてはいない。
    • 8.   
    • 2010年03月03日 15:52
    • なんか馬鹿そうなコメント多いな
      オレはこのブログすきだ
    • 9.  
    • 2010年03月03日 16:51
    • 愛やぬくもりを他人と共有できたかが評価されるって…
      孤独な人は価値が無いって言うのか?
      好きで孤独で居る人なんてあまり居ないだろうし、
      善人でも孤独な人は沢山居るだろう…
      そんな人達に価値が無いだなんて酷いし可哀想すぎる。

      あと臨死体験は死に触れていない、というのは決め付け。
      もしかしたら死に触れかけてるかもしれないし、そうではないかもしれない。
      科学だけが真理ではないし、科学では説明の付かない事も沢山ある。
    • 10. 言いづらいけど
    • 2010年03月03日 19:35
    • > 9

      孤独な人に価値はない。
      あなたにもない。
      イケメンも
      人気者も

      平等に

      生きることに
      価値なんてものはない。

      すべての生に価値があるって事は
      全く無い事と同じだ。

      贅沢いわず
      食って寝て、死に物狂いで子孫残せ

ReTweet ReBlog
 

コメントをどうぞ

名前 
 
   
  ■ スパム防止のため「http://」はNGワードです。
  ■ リンクを投稿する際は「ttp://~」という形式で投稿してください。
ReTweet ReBlog
 

アルファブロガー・アワードを頂きました。